1955年フォード・フェアレーンの

オートマのオーバーホールのご依頼をいただきました。


まずはメンテンス。

デフオイル交換。

見て!

すごい色になってますね。


続いて、ミッションを下ろします。


プロペラシャフトを抜いたら


シフトを外して~


すっポン!




本来ならエンジンを下ろさないとミッションは外せない構造でした。


いい機会なので、

ミッションだけ簡単に下せるよう

加工して取り付けることにしましょう!


旧車のATオーバーホールは福岡のエンボディへ!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です